一発でピカピカ!窓ガラスのお掃除方法

>

窓掃除をするときの注意点

作業手順にもコツがある

ガラスは、拭いたときの跡やムラができやすい素材です。
洗剤を使って汚れを落とす際、ガラスに直接洗剤を吹き付けてしまいがちですが、そうすると洗剤の濃淡によってムラになったり、液が垂れてしまうことにつながります。
洗剤を使うときは、雑巾側になるべく均一に洗剤を吹き付けるようにしましょう。

また、洗剤を使ったあとは、洗剤が渇いて跡になる前に水拭きをすることが大切です。
洗剤を使って家中の窓ガラスを拭いて、それからまとめて水拭きをするのはNGです。
必ず1か所ずつ仕上げるようにしましょう。

窓掃除をする際、まずは面積の広い窓ガラスから拭きたくなりますが、ほこりが舞うことを考えると、サッシや網戸を先に綺麗にするのがベターです。
二度手間にならないよう、拭く順序に気を付けましょう。

窓掃除をする環境

窓掃除には、適した環境があります。
晴れた日の日中に窓掃除をすると、日光で汚れが見えづらいのであまりよくありません。
乾燥しているときや、暑い日も、拭いた先から乾燥して跡になってしまうのでおすすめしません。
くもりや雨上りで湿った日、早朝などに作業するのをおススメします。

2階以上に窓がある環境の方は、上階の窓掃除の際、落下事故に気を付ける必要があります。
屋外側の窓を拭こうとして窓の桟に腰掛け、身を乗り出して落下してしまう事故がいくつか報告されています。
高所の窓掃除のときには、落下しないよう注意して行いましょう。
また、マグネットで窓を挟むことで、室内側から窓の両面を拭ける便利グッズも売られていますので、それを利用するのも手です。
加えて、どうしても困難なところは、プロに頼むことも検討しましょう。