一発でピカピカ!窓ガラスのお掃除方法

>

何かと面倒な窓のお掃除

窓ガラスの正しい磨き方

窓ガラスは透明であるため、拭いた跡が残らないように工程を経る必要があります。

基本的に、室内側の窓を綺麗にしたあとで、汚れの強い屋外側の窓を掃除します。
いきなり濡れた雑巾で拭くと汚れが雑巾にからみついて跡になってしまうので、最初に乾いたぞうきんで全体のほこりをとりましょう。
その後、水拭きをして、最後に乾拭きで仕上げると跡が残らず綺麗になります。

室内側には、手垢やほこり、タバコのヤニなどが付着しやすいため、汚れが強い場合は中性洗剤を使いましょう。
屋外側には、砂や排気ガス、花粉など舞いやすい汚れが付着しているため、使い捨ての布や紙で拭くことをおすすめします。
雨や泥が固まっている場合は、メラミンスポンジがおすすめです。

ガラス掃除に便利なアイテム

窓ガラスの掃除に使えるアイテムで有名なのが、新聞紙です。
新聞紙をクシャクシャに丸めて拭けば、軽い汚れなら二度拭きなしで綺麗になります。
これは、新聞紙のインクが油汚れを分解する上、艶出しの作用も兼ね備えているためです。
窓が濡れている場合は軽く水分を取り、逆に完全に乾いている場合は少しだけ湿らせてから拭きましょう。

T字型の「スクイジー」は、水と一緒に汚れを剥がすようにして取り除いてくれるため便利です。
接触面に沿って均一に汚れが落ちるため、拭き残しが少なく、きっちり仕上がります。

舞い上がるほこりや砂を取るのには、使い古しのストッキングが有効です。
静電気で汚れを吸着し、細かい繊維が汚れの粒子をからめてくれます。